レガーミの週末もの(料理)づくり

週末に作る料理を元に、失敗しないコツ!美味しくなるポイント!!を入れたメイン料理・副菜料理・時短料理・作りおき料理などのレシピを紹介したり、食べ物(野菜等)等について調べた事を紹介したりするブログです。


家庭料理ランキング ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

おふくろの優しい味!大根と薄揚げの煮物(レシピ)


家庭料理ランキング

こんにちわー(*^◯^*)

 

今回は、幼少の頃から食べ慣れているオカンの料理を残したくてレシピを起こしました(^O^)オカンは目分量&味見で作っていたので(^_^;)まずはオカンに聞き込み調査を行った後、目分量だった調味料の分量は、オカンの味なっている自分の舌を信じて何回も作り直しをしてまとめあげる事に成功しました(*^◯^*)出汁の効いた甘めの副菜で、お箸で大根が切れるぐらい柔らかいので老若男女食べて頂けると思います(^O^)では、オカンの料理(レシピ)をど〜ぞ(笑)

f:id:legami:20190603223526j:image

 

 

調理器具

鍋(ゆきひら等)

包丁&まな板

計量スプーン(大さじ・小さじ)

 ★★★レシピ★★★

食材紹介

f:id:legami:20190603222520j:image

※⬆︎は一部紹介

・大根・・・1/4サイズ(約130g)

※大根は上の方が甘くておススメ

・薄揚げ・・1枚(約50g)

・ごま油・・大さじ1

調味料

・出汁の素・・・・・小さじ2

・醤油・・・・・・・大さじ1

・砂糖(上白糖)・・・大さじ1と1/2

・水・・・・・・・300cc

 

下準備

 

1.大根を約2㎜の厚みの短冊に切る

※長さは食べやすい大きさにして貰ったら大丈夫です

f:id:legami:20190603222842j:image

 

2.薄揚げの長さは、大根より小さめになるよう2〜3㎜で短冊に切る

f:id:legami:20190603222910j:image

※薄揚げの油が気になる人は、油抜きしてから短冊にして下さいねd(^_^o)

 

下準備はこれだけ!!簡単です🎶(*^◯^*)

 

 煮込み開始

作っていきまーす(^o^)

 

1.鍋にごま油大さじ1をひき、大根を入れて中火〜強火で軽く炒める

f:id:legami:20190603223043j:image

※大根にごま油が馴染む程度で大丈夫です🎶

 

2.火を止めてに薄揚げを入れる

f:id:legami:20190603223053j:image

 

3.2に水300cc入れて、強火沸騰させる

f:id:legami:20190603223146j:image

ココが美味しくなるポイント1!!

沸騰したらアクを取り除く(浮いてきた油も取り除くが、完全に取り除くとごま油の風味がなくなるので注意!)薄揚げの油抜きも若干ですが兼ねていると思います。

※出汁の素等の調味料を先に入れてしまうとアクと一緒に旨味も取り除く事になるので、必ず水のみで沸騰させて下さい。

 

4.3に調味料(醤油大さじ1、砂糖大さじ1と1/2、出汁の素 小さじ2)を足していき、強火で火にかけフツフツ🎶なってきたら弱火にして約8分間煮込む

f:id:legami:20190603223138j:image

※特に落し蓋とか、鍋の蓋をするとかはないです。そのまま煮込んで出汁(調味料)を煮詰めながら大根と薄揚げに味を入れていきます🎶

 

5.48分間煮込んだ様子⬇︎
f:id:legami:20190603223126j:image

大根に出汁の色が入っている味が染み込んでいる証拠なので、一旦火を止めます

ここでお箸で大根が切れるか試す。お箸で大根が切れたら火が十二分に入っている証拠ですし、お箸で大根が切れないようですと、煮えていないので弱火2〜3追加で煮て下さい。

 

6.味見をして醤油・砂糖で調整をするか、もう2〜3分煮込んで味を深くするかして味の微調整をする
f:id:legami:20190603223134j:image

ココが美味しくなるポイント2!!

味の微調整が終わったら冷める(常温)まで放置して下さい!!煮物は冷めていく過程で、素材の中心まで味が入っていきます(*^◯^*)

※鍋が邪魔なら、だし汁ごと器に移し替えても良いですが、ヒタヒタの状態をキープしておいて下さい!上と下で味の誤差がでますので(^◇^;)

あと、間違っても冷蔵庫には入れないで下さいね!急激に冷やすと中まで味が入り難くなりますよ!

 

オカンの大根と薄揚げの煮物!完成o(*>▽<*)o

f:id:legami:20190603223526j:image

 

レガーミのつぶやき

私はいつも大根を買う時は、1/2か1/4で買いますが、決まって頭の方(葉っぱの方)を買う癖があります。理由は甘みが強く苦くない!(^O^)

私は大根の辛味苦味がどうも苦手でして(^◇^;)大根の下の方(根っこ)は、お蕎麦の薬味として辛味大根を使用しての『辛味そば』として重宝されたり、『もみじおろし』の大根おろしとして重宝されているそうです。

 

旬の時期なんかに安いので1本買う時は、頭の方〜中ほどまでは煮物や大根おろしで使用して、真ん中下部〜下の方は、無意識にお鍋やおでん🍢に使っている事が多い傾向がありますσ(^_^;)でも記事を書きながら気づいたのが、今回の煮物を作る際に、醤油と砂糖の分量を微調整して大根の下の方も使っていた事があるなぁー。と思い出しました(^O^)せっかく安く手に入った大根1本余す事なく綺麗に使いたいですもんね🎶因みに、葉っぱは味噌汁の具材として使っています(*^◯^*)

皆さんは、1本買ったらどんな使い方してますか?良かったらコメント頂けますと勉強になります(*^◯^*)

しかし母の味というのは、やはり心が和らぎますね(^o^)

今後もオカンに聞き込みをしてオカンの味を大切に残していきたいと改めて思いました♬

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございます。

次回は、麺類系を久しぶりに書きたいな。と思いますのでお楽しみに〜(^◇^)